ホテルマン(ホテルスタッフ)の平均年収や年収を上げる方法をご紹介!

ホテル ブライダル 転職 バリプラNext

ホテル・ブライダル業界の転職活動で注目される職業の一つが、ホテルで接客や運営を行う「ホテルマン(ホテルスタッフ)」。しかしながら、ホテルマンの収入がどのくらいなのか気になっている方もいるのではないでしょうか。今回は、ホテル・ブライダル業界での転職を考えている方に向けて、ホテルマンの平均収入年収を上げる方法ホテル業界の傾向についてご紹介します。

ホテルマンの平均収入は?


厚生労働省発表の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、「宿泊業、飲食サービス業」に従事する労働者の平均賃金(月額)は、次の通りです。

宿泊業、飲食サービス業全体平均
男性27万8200円33万8800円
女性20万8900円25万1800円

男女ともに全体平均を下回っており、ホテル業界が含まれる「宿泊業」は、他の産業と比べて賃金が低い傾向にあることがわかります。

求人検索「Indeed」では、ホテルに携わる職種の平均年収は次の通りです。

ホテルスタッフ(総合)383万7866円
ホテルフロント306万9969円
ホテル客室係331万3610円

ホテルマンの平均年収は、300~350万円前後のようです。

また、ホテルマンは収入が変動しやすい傾向にあるとも言われています。次の項では、その辺りの状況について解説します。

ホテル・ブライダル 正社員求人掲載中

ホテルマンの収入は変動する? その理由とは


ホテルマンの収入が変動しやすいと言われる理由としては、次のようなことが挙げられます。

①繁閑の差が激しい

ホテル業界は、繁忙期と閑散期の差が激しい業界です。基本給が同じでも、宿泊客の多い観光シーズンなどは残業代によって収入が増える傾向にあります。一方シーズンオフは、観光シーズンに比べて残業が少ないので、繁閑に伴い、収入額が変動しやすいようです。

②景気に左右される

また、ホテルは景気の影響を受けやすい業界です。景気が良いと旅行や観光で宿泊客が増えるほか、出張や打ち合わせなどビジネスでホテルを利用するお客様も多くなり、ホテル全体の売上や業績が上がるので、残業やボーナスによってホテルマンの収入もアップします。他方、景気が低迷すると、ホテルの売上や業績が振るわずボーナスが少なくなるので、ホテルマンの収入にも影響が出る可能性があります。

ホテルマンが収入を上げるには?


とはいえ、ホテルマンの職種や役職、勤務先はさまざまで、一概にホテルマン=低収入と決めつけるのは早計です。

ホテルマンの中でも、支配人、副支配人、マネージャーなどの管理職の年収は400〜600万円が相場とされています。さらに総支配人クラスでは、年収が1千万円を超える人もいます。

ホテルマンの仕事は好きだけど、今後の収入増が見込めるかが心配…という方もいるでしょう。ホテルマンが収入を上げる方法としては、以下のようなものが挙げられます。

①キャリアアップ(昇進)を目指す

勤務先のホテルでさまざまな部署や業務を経験してスキルを上げ、支配人、副支配人、マネージャーといった管理職にキャリアップすることができれば、役職手当が付き、収入が上がります。一方で、比較的待遇のよい大手ホテルでも、役職に就かなければ年収400〜600万を超えるのは難しいという実情もあります。

②語学力を身につける

語学力を身につけることによって、海外からのお客様が多いラグジュアリーホテルの採用試験などで有利になります。英語や中国語が話せると、海外から来たお客様への接客にも役立ち、ホテルマンとしてのスキルアップにもつながります。TOEIC、TOEFLなど語学関連資格の取得もおすすめです。

③ホテル業務関連の資格を取得する

ホテルマンの仕事に必須資格はありませんが、ホテル業務関連の資格を取得することで、転職活動や実務で役立つ、仕事に対する意欲が評価されるなど、収入アップにつながる可能性もあります。ホテル業務関連の資格としては、以下のものが挙げられます。

【ホテルビジネス実務検定】
ホテルの実務知識の理解度を測定する検定試験。ベーシックレベル(1級、2級)、マネジメントレベル(正答率で1級、2級を認定)があります。

【マナー・プロトコール検定】
テーブルマナーやビジネスマナー、プロトコール(国際儀礼)に関する知識や技能を認定する検定。3級、2級、準1級、1級があります。

【ホテル・マネジメント技能検定】
ホテル・マネジメントに求められる専門知識や運営力を測定する検定。3級、2級、1級があります。

【TOEIC】
英語によるコミュニケーション能力を、合否ではなくスコアで判定する試験。現在、世界約160か国で利用されています。

④転職をする

キャリアやスキルを積んでから他のホテルに転職した際、これまでの実績が評価され、管理職として迎えられるなどで、前職よりも収入が上がる人もいます。ホテル業界の転職活動では、大手を目指すよりも、ポジションの昇格を目指す(=役職手当によって収入が上がる)ケースが多いと言います。もちろん、そのためには高いスキルが求められます。

⑤人脈を広げる

業界内の人脈を広げることによって、リファラル採用(社員紹介採用)を活用し、高待遇での転職を実現させる人もいます。ただし、リファラル採用は、入社後の期待値が高い、万が一ミスマッチが生じても紹介してもらった手前辞めづらいなどのリスクがあることも踏まえておきましょう。

スキルを上げることでホテルマンの年収は上がる!


今回は、ホテル・ブライダル業界の転職活動を考えている方に向けて、ホテルマン(ホテルスタッフ)の平均年収やホテル業界の傾向、ホテルマンが年収を挙げる方法についてご紹介しました!

ホテル・ブライダル業界の転職情報サイト「バリプラNext」では、ホテル・ブライダルの求人を多数取り揃えております。ホテルスタッフの求人情報も、エリアや職種を選択して検索することができます。無料転職エージェントに登録された方は、業界特化のキャリアアドバイザーから応募先や今後のキャリアアップについてのアドバイスが受けられます。興味のある方は、覗いてみてください!

ホテル 転職 フロントクラーク
ホテルで働く「フロントクラーク」の仕事内容や求められるスキルをご紹介!
ホテル・ブライダル業界で転職活動を行うにあたり、“ホテルの顔”ともいえる「フロントクラーク」の仕事に…
ホテル ブライダル 転職 応募数
ホテル・ブライダル業界の転職活動 いつの時期に、何社くらい応募している?
ホテル・ブライダル業界で転職活動をするにあたり、「有利な時期はあるのだろうか」「何社くらい応募すればよい…

関連記事

  1. ホテル ブライダル 転職 バリプラNext

    エージェント(人材紹介)を活用して、ブライダル業界の採用活動の質を上げる

  2. バリプラNext 転職サイト 転職エージェント

    「バリプラNext」がTVで紹介されました!

  3. ブライダル産業新聞 ホテル ブライダル 転職 バリプラNext

    ブライダル産業新聞でバリプラNextのサービスが紹介されました!

  4. ホテル ブライダル 転職 応募数

    「withコロナ」のホテル・ブライダル人材確保の手法