ウエディングプランナーにはどんなキャリアプランがある? 目標実現のために意識したいこともご紹介!

ウエディングプランナー キャリアプラン ブライダル

ブライダル業界の職種で人気No.1、結婚式のプロフェッショナルであるウエディングプランナー。ホテル・ブライダル業界で転職活動を始めるにあたり、ウエディングプランナーになった後のキャリアプランが気になっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、ホテル・ブライダル業界での転職を考え中の方に向けて、ウエディングプランナーのキャリアプラン目標実現のために意識したいことを紹介します。

ウエディングプランナーの仕事に就く方法についてはこちら↓
ウエディングプランナーに資格・学歴は必要? 仕事に就くまでのルート、どんな人に向いているのかをご紹介!

ウエディングプランナーのキャリアプラン


①現場のスペシャリストを目指す

バリプラNext

ウエディングプランナーの仕事のノウハウを培い「現場のスペシャリスト」を目指す道です。

新規営業、プランニング、結婚式の施行…。ウエディングプランナーの業務はとても幅広く、さまざまなスキルが求められます。近年は結婚式のスタイルが多様化し、オリジナリティのある式を希望するお客様も増えているので、そういったニーズにも柔軟に対応できるスペシャリストは、ブライダル業界に必要不可欠な存在と言えるでしょう。

現場のスペシャリストを目指す方は、ウエディングプランナーとして現場経験を積み、スキルを磨き、売上に貢献していくことが重要になります。

そのために具体的に意識したいこととしては、

  • さまざまなスタイルの結婚式を担当する
  • さまざまな業務をこなせるようになる
  • 成約率や客単価を上げる

などが挙げられます。

ウエディングプランナーの仕事内容についてはこちら↓
ウエディングプランナーの仕事内容、「分業制」と「一貫制」の違い、求められるスキルをご紹介! 

②現場の管理職を目指す

バリプラNext ホテル ブライダル 転職 ウエディングプランナー 

チーフ、マネージャー、支配人などの役職に就き、ウエディングプランナーの育成マネジメントを担う「現場の管理職」を目指す道です。

結婚式場を取りまとめる責任者として、運営や売上の管理、スタッフのシフト管理、新人スタッフの指導、業務改善などを担当するため、裁量責任は大きくなり、収入アップにもつながります。ただ、ウエディングプランナーとして、お客様と直接関わる機会は減ってしまうかもしれません。

現場の管理職を目指す方は、ウエディングプランナーとしての経験や実績に加え、マネジメント能力や指導力、問題解決力、決断力なども求められます。

そのために日頃から意識したいこととしては、

  • ウエディングプランナーの業務の全体像を把握する
  • マネジメントに必要な知識やスキルを学ぶ
  • 社内研修などに積極的に参加する

などが挙げられます。

③他の部署へのキャリアチェンジ

転職 ホテル ブライダル 面接 質問 逆質問

総務、人事、広報、商品企画、店舗開発、マーケティングといった「他の部署へのキャリアチェンジ」を目指す道もあります。

ウエディングプランナーとして結婚式の現場を熟知しているからこそ、「本部と現場の架け橋」として採用活動や広報活動などにも現場の声を反映させ、集客拡大や離職率低下などの成果を挙げていくことが期待されます。商品企画や店舗開発においても、お客様のニーズに汲み取ったアップデートが求められます。

出産、育児、介護などのライフステージも踏まえ、自分に合った働き方やどのように会社に貢献していけるかを検討した結果、土日休みの部署へのキャリアチェンジを考える方もいます。

他の部署へのキャリアチェンジを目指す場合、事務処理能力やパソコンスキル、情報収集能力も求められます。

そのために日頃から意識したいこととしては、

  • パソコンスキル(Word、Excel、PowerPointなど)を習得する
  • 社内研修などに積極的に参加する
  • ニュースなどをチェックし、ブライダル市場や就職市場の状況を把握する

などが挙げられます。

ホテル・ブライダル正社員求人

④ウエディングプランナー経験を活かせる仕事に転職

ホテル ブライダル 転職 書類選考 結果 連絡

また、「ウエディングプランナー経験を活かせる仕事に転職」する方もいます。

転職先としては、
【ブライダル業界と関連がある業界】
・ホテル業界
・航空業界
・百貨店業界
・アパレル業界
・ジュエリー業界
・化粧品業界

【ブライダル業界の他の職種】
・ドレスコーディネーター
・サービススタッフ
・フラワーコーディネーター
・テーブルコーディネーター
などがあります。

ウエディングプランナー経験を活かせる仕事に転職する場合、転職活動では、「ウエディングプランナーとしてどのような経験・スキル・実績があるか」「ウエディングプランナーの経験を転職先でどのように活かせるか」がアピールポイントになるでしょう。

自分のキャリアプランを見据え、ウエディングプランナーの業務で1つでも多くのスキルを身につけ、成果を出すことが大切です。

ブライダル業界の職種について詳しく知りたい方はこちら↓
ブライダル業界にはどんな職種がある? 全10種の仕事内容やスキルをご紹介

⑤ウエディングプランナーとして独立

ブライダル 職種 転職 テーブルコーディネーター バリプラNext 

ウエディングプランナーとして独立」し、フリーランスで活躍している方もいます。

フリーランスのウエディングプランナーは、結婚式や披露宴の会場選びから、演出、衣装、業者の手配、書類作成、当日の施行等を全て自分で担当します。責任も大きいですが、自由度も高く、お客様の理想の結婚式を実現できる喜びがあります。

【メリット】
・会社の規定に縛られず、自由に提案ができる
・お客様のリクエストにも、自分の裁量で応じることができる
・ライフスタイルに合わせて仕事量を調整できる(月に1組だけなども可能)

【デメリット】
・事務や経理なども全て自分で行わなければならない
・収入が不安定になりやすい

将来的にウエディングプランナーとして独立することを目指す場合、

  • ウエディングプランナーとしてさまざまな結婚式を担当し、実績を作る
  • ウエディングプランナーとしてのスキルを多く身につける
  • 契約、集客、経理等、独立に必要なビジネスの知識やスキルを身につける
  • 人脈を作る

といったことを意識していく必要があります。

ウエディングプランナーの転職活動はキャリアプランを見据えて


ブライダル 転職 職種 ドレスコーディネーター

今回は、ホテル・ブライダル業界での転職を考えている方向けに、ウエディングプランナーのキャリアプランや目標実現のために意識したいことを紹介しました。

ウエディングプランナーの転職活動は、自分のキャリアプランを見据えながら進めていくことが大切です。そのためにも自己分析や業界・企業研究をしっかり行い、応募先のキャリアアップ制度や研修制度もチェックしておきましょう。

ウエディングプランナーの転職活動のチェックポイントについてはこちらから↓
ウエディングプランナーはどんな働き方をする? 転職活動でチェックしておきたいポイント5つをご紹介!

自己分析について詳しく知りたい時はこちらから↓
「自己分析」の流れをご紹介 ホテル・ブライダル業界の転職活動

業界・企業研究について詳しく知りたい時はこちらから↓
業界研究・企業研究を行う目的や方法をご紹介! ホテル・ブライダル業界の転職活動

ホテル・ブライダル業界の転職情報サイト「バリプラNext」では、ホテル・ブライダル業界の求人を豊富に取り揃えております。転職エージェントサービス(無料)に登録されますと、業界に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたの経歴や希望を丁寧にヒヤリングした上で、あなたに合った転職先を紹介します。今後のキャリアプランについての相談にも対応していますので、ぜひ利用してみてください!

ホテル ブライダル 転職 バリプラNext
面接で転職理由(退職理由)を聞かれた時の答え方 ホテル・ブライダル業界の転職活動
ホテル・ブライダル業界の転職活動では、面接で「転職理由(退職理由)」を聞かれることもありますが、「事実をそのまま伝えると印象が悪くなるのでは」と悩んでしまう…
転職 中途採用 ホテル ブライダル 人材
ホテル・ブライダルで求められるのはどんな人材? 中途採用される人の特徴をご紹介! ホテル・ブライダル業界の転職活動
ホテル・ブライダル業界での転職を考える中で、「結局のところ、ホテルや結婚式場の内定が貰えるのはどんな人なんだろう…

関連記事

  1. ホテル ブライダル 転職 バリプラNext

    ホテル業界の転職に資格は必要? ホテル関連の資格を一覧でご紹介!

  2. ホテル・ブライダルの専門学校は社会人でも学べる! 給付金制度についても解説

  3. ホテル アフタヌーンティー

    ホテル業界で売り上げを伸ばす「アフタヌーンティー」 魅力や人気の理由をご紹介! 

  4. 海外客 ホテル 人気

    海外からのお客様にはどんなホテルが人気?

  5. 結婚式場 種類

    結婚式場にはどんな種類がある? ウエディングプランナーの仕事も違う? 代表的な4会場についてご紹介!

  6. 結婚式「挙式」「アフターセレモニー」「披露宴」それぞれの人気演出は? ウエディングプランナーに求められる気配りについてもご紹介!